歯周病と女性

歯周病と女性

歯周病と関連がある全身疾患

女性ホルモンと歯周病の密接な関係があるのをご存知ですか?
特に女性は、ホルモンバランスや体調の変化で歯周病になりやすいです!

歯周病は必ずしも女性特有の病気ではありませんが、歯周病で悩む方は男性に比べ、女性に多いのが特徴です。女性の場合、単に加齢によるものだけでなく、ホルモンバランスが大きく変化するため、歯周病になりやすい時期が訪れます。それは、大きく分けて思春期・妊娠期・更年期の3つです。
女性の方は、歯周病について理解を深め、治療と予防を積極的に行っていくことが大切です。

思春期

女性ホルモンがつくられ始めるこの時期は、身体つきが丸みを帯びるなどの肉体的変化が現れます。
そして、月経の度に歯茎の晴れや発赤など、歯肉炎になりやすくなります。これを「思春期性歯肉炎」と呼びます。プロゲストロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが増加することによって、歯肉の知覚が敏感になり、ちょっとした刺激でも大きな反応が現れ、人によっては痛みを伴う場合があります。
また、思春期は人間関係や将来の不安などでストレスを感じやすい時期でもあります。試験前後の時期や受験を控えていると、寝不足やストレスにより体の抵抗力が低下し、歯肉炎を起こしやすくなります。イライラやストレス、不安を解消する方法を見つけて習慣づけることが歯周病予防に繋がります。

対策

  • ①しっかりとしたプラークコントロール(歯磨きや食生活の改善)
  • ②定期的な歯科医院のPMTC(歯のクリーニング)を行う
  • ③ストレスを溜め込まない

妊娠期

妊娠期

妊娠中は食生活の偏りや、唾液の質の変化、ホルモンバランスなどが大きく変化する時期です。
妊娠と共に女性ホルモンが大量に分泌され、歯肉溝内での濃度が上昇し、歯肉の晴れ・出血などの症状が現れます。
つわりを繰り返すこともあるため、歯ブラシが口の中に入るだけで気分が悪くなり、十分にケアできていないケースが多くみられます。そうすると、口腔内が不衛生になり歯周病の原因となるプラークを溜めやすくなるため、歯周炎を起こしてしまいます。
妊娠前に歯科医院で受診して治しておくのがベストですが、歯磨きがしづらい時期はキシリトールガムを噛むなどをして、唾液の分泌量を確保するのが効果的です。

妊娠性歯肉炎

妊娠中期に多くみられます。ホルモンバランスにより、歯周病の原因菌が繁殖を促進し、歯肉に炎症を起こしやすいです。

早産・低体重児出産

重度の歯周病になると、早産や低体重児を出産するリスクが高いと言われています。

最近では歯周病によるお口トラブルで、早産や低体重児出産を引き起こしやすい傾向があると報告が挙げられています。唾液が酸性に傾き、妊娠中に重度の歯周病に感染していると早産や低体重児の出産リスクは7.5倍とも言われています。
しかし、これらはお口の中を清潔に清掃することで回避できるものです。妊娠中の女性は特に、口の中を清潔に保つように心がけ、症状が軽い内からしっかりと治療することが大切です。母子ともに健康でいるためにも、歯周病が心配ならば速やかに受診することをおすすめします。

対策

<つわり>
①体調の良い時間帯に磨く
②奥の方から手前に磨く
③ブラシヘッドの小さいブラシで小刻みに磨く
④定期的な歯科医院でのPMTC(クリーニング)を行う
<食生活>
①食事はダラダラ食べない
②おかずは繊維質で固い物を食べる
③間食は甘い物を控える

更年期

<更年期女性にみられる症状>
●口の中が乾燥、ヒリヒリする
●食べ物が飲み込みにくい
●のどの奥に詰まるような感覚がある
●口臭がきつくなる
●動悸・息切れ
●滑舌が悪くなる

女性は40代〜50代にかけて更年期を迎えます。更年期とは、閉経前後の数年間のことです。
この時期になると、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量や、唾液の分泌量が急激に減っていきます。
そうすると、歯肉に痛みが走ったり、味覚の異常が起こったりなど、様々な症状が現れるようになり、歯周病になりやすいです。
また、更年期に目立つのは骨が弱くなる「骨粗鬆症」です。骨粗鬆症とは、骨の組織が弱くなり、骨密度が減少する疾患です。特に女性に多く、女性ホルモン(エストロゲン)が減少する更年期に増加すると言われています。骨粗鬆症の症状が進行し、骨の密度が減少してしまうと、口の中にも影響を及ぼすことになるので、歯周病と大きく関係しています。

対策

  • ①こまめに水分補給を行う
  • ②よく噛んで食事をする
  • ③栄養バランスが崩れないように気を付ける
  • ④定期的に歯科医院で検診を受ける
  • ⑤カルシウムをとる

女性はホルモンバランスに大きく影響を受けています。歯周病を予防するために、毎日のブラッシングはもちろんですが、1年に1回は症状がなくても歯科医院の定期検診を受けることをおすすめします。



© 2017 東大阪(鴻池新田駅/荒本駅近く) 歯周病・予防ケアの得意な安部歯科医院 All rights reserved

歯周病専門医 田幡 元 監修

page top