歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

歯周病と関連がある全身疾患

歯周病は、お口の中だけでなく、あらゆる全身疾患との関連性があります。全身疾患と関連性が報告されているものとして、次のようなものがあります。

糖尿病

糖尿病と歯周病の関係は特に密接で、歯周病を治療することで糖尿病が改善するとも言われています。糖尿病は血糖を下げるホルモンが足りなくなり、上手く作用しなくなることから高血糖が続く病気です。
糖尿病になると身体の抵抗力が下がってしまいます。抵抗力が下がれば、「細菌が感染しやすい=歯周組織が歯周病菌に侵されやすい」ので、歯周病が治りにくくなってしまいます。
また、糖尿病の方は、普通の方に比べて歯周病になるリスクが高く、心筋梗塞や、脳梗塞などの合併性を引き起こす可能性があります。

心臓疾患

心臓疾患は、食生活や運動、ストレスなどの積み重ねが引き起こす生活習慣病の一つです。
歯周病菌は、血液の流れによって、心筋に酸素などを送る冠動脈まで届きます。冠動脈に届いた歯周病菌は、血液壁に潜り込んで炎症を起こします。重症になると、歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため動脈硬化を招き、「心筋梗塞」や「狭心症」などを引き起こすこともあります。
 また、心臓の内側にある心内膜の炎症を引き起こし、「細菌性心内膜炎」になるなど、様々な心臓疾患を引き起こす可能性があります。

誤嚥性肺炎

歯周病菌が肺に入り込んで感染すると肺炎を引き起こすことがあります。
食べ物や唾液が誤って肺に流れ込み、口の中の細菌によって起こる肺炎を「誤嚥性肺炎」といいます。
特に高齢者や認知症の方、寝たきりの方など、食べ物を飲み込む力が衰えている人に多く発生しています。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、骨の形成と吸収のバランスが崩れて骨量や骨密度が低下する病気です。骨粗鬆症は圧倒的に女性に多く、女性ホルモン(エストロゲン)が減少する閉経期以降によくみられます。
骨を丈夫にするカルシウムの摂取量が少ないと歯周病になりやすいため、口の中を清潔に保ち、カルシウムを積極的に摂取しましょう。

早産・低体重児出産

早産・低体重児出産

歯周病になった妊婦は、早産や低体重児出産のリスクが高いことが報告されています。これは、歯周病にかかった歯周組織が作り出す“炎症物質”が血液中に入り込み、子宮の収縮に関係しているためだと考えられます。
また、歯周病菌の毒素が歯周ポケットから血液中に入り込むことで、血液の“炎症物質”を増やすことも関係していると考えられます。

© 2017 東大阪(鴻池新田駅/荒本駅近く) 歯周病・予防ケアの得意な安部歯科医院 All rights reserved

歯周病専門医 田幡 元 監修

page top